SRS-XB20

Sony SRS-XB20:おすすめなBluetoothスピーカー【スペック比較】

Bluetoothスピーカーがシンプルライフにもたらす恩恵は大きい。家ではネットラジオを使って、ジャズをBGMとしてよく流している。そのジャズをSRS-XB20の良い音質で楽しんでいる。

おすすめなBluetoothスピーカーの探し方の投稿では、Bluetoothスピーカーを選ぶ際のカタログスペックについてまとめた。しかし、最終的にどのスピーカーを買うかは、実際に自分の耳で音質を確認してから決めた。買ってから1ヶ月ほど使用しているが、とても良い買い物ができたと思っている。

スポンサーリンク

スピーカーを使用する場面

実際にスピーカーを比較する前に、まず初めにスピーカーをどんな場面で使いたいかを整理した。

スピーカーを使いたい場面

  • 主に家の中で使う(水回りでも聴けると、なお良い)
  • 1つのスピーカーを家の中で移動させて使いたい
  • アウトドア中にも使いたい
  • iPhone 5でネットラジオを聴くのがメイン

使いたい場面を元に、スピーカーを選ぶ際に重視しないといけないポイントが以下。(*iPhone 5と互換性がある前提)

重視するポイント

    • 軽量(移動させやすさとアウトドアのため)
    • 防水防塵(水回りとアウトドアのため)
    • 長い駆動時間(アウトドアの時)
    • 上記を満たした上で可能な限りの高音質

上記の重視するポイントをまとめると、「軽くて防水防塵でバッテリー持ちが良い上に、音質が良いスピーカー」が私にとってのベストなスピーカーということになった。これを元にBluetoothスピーカーを比較していく。

Bluetoothスピーカーの比較

今回は3つの価格帯のスピーカーを、おすすめなBluetoothスピーカーの探し方でリストしたポイント順に比較した。その結果を元に、各スピーカーの特性を私の理想と照らし合わせた。

互換性

互換性 Anker Sony Bose
BTバージョン 4.2 4.2 非公表
BTプロファイル 非公表 AVRCP
HFP
HSP
非公表

*1: 非公表のため正式には分からないが、スピーカーを通して通話できるとの記載有り。
*2: 音楽データ用のA2DPプロファイルは省略。

非公表のものもあるので、実際に接続してみる必要があった。その結果、どのスピーカーもiPhone 5(iOS端末)との互換性に問題はなかった。

接続範囲

接続範囲 Anker Sony Bose
BT Class 20m 10m 9m

実際にテストしたわけではないが、スペック上で室内で使う分には大差なし。強いて言えばAnkerだと屋外でも使いやすいかなという程度。

音質

音質 Anker Sony Bose
コーデック 非公表 AAC
LDAC
非公表
ステレオ vs モノラル ステレオ ステレオ ステレオ
出力 12W 25W 非公表
周波数(Hz) 70-20K 20-20K 非公表

*3: SBCコーデックはA2DPプロファイル対応のBluetoothスピーカーには必ず入っているので省略。

BoseのSoundLink Mini IIのスペックがほぼ非公表なので、スペック上の比較はできない。しかし、実際にSonyのSRS-XB20と聴き比べても、あまり音質の違いがないように感じた。残念ながら、私の耳では違い聞き取れなかった。AnkerのSoundcore 2に関しては、少しこもったような音に聞こえた。

その他

その他 Anker Sony Bose
駆動時間(時間)
24
12 10
重さ 414g 590g 670g
防水 IPX5 IPX5*⁴
防塵
NFC
有線接続

*4: IPX5相当。

駆動時間と重さでは、AnkerがBoseとSonyを圧倒。あとBoseは防水性能がないので、水回りでの使用はできない。

各スピーカーの特性

値段 Anker Sony Bose
互換性
接続範囲
音質
その他
税込価格 4,999 13,371 23,760
  • Anker Soundcore 2は音質にこだわりさえしなければ、素晴らしい出来のスピーカー。しかも、この安さ。値段と携帯性重視の人向け。
  • Sony SRS-XB20は音質も良く、値段も含めバランスの取れたスピーカー。いろんな場面で使用しながらも、音質にもこだわりたい人向け。
  • Bose SoundLink Mini IIは音質に一切の妥協がないスピーカー(私の耳では違いが分からなかったが…)。防水がないため、使用できる場面に限りがあるが、プロも認める音質。値段や防水より音質というこだわりの人向け。

上記の特性から、Boseは防水性能がない上、Sonyとの音質の違いを聞き取れなかったので除外。そのため、音質のSonyか携帯性(駆動時間含む)のAnkerの二択。Ankerの優位性は以下の3点。

  • 10m長い接続距離
  • 170g程軽い
  • 12時間長い駆動時間

接続距離は10m(Sony)もあれば必要十分。重さもAnkerとSony両方とも全く苦にならない。バッテリーも12時間もあれば、私の使い方からすると十分。その結果、今回は音質の差の方が重要とのことで、SonyのSRS-XB20が私にとってベストのスピーカーという結果になった。

まとめ

今回は3つの価格帯のBluetoothスピーカーの中から、どのスピーカーが自分に最適かで選んだ。その結果SonyのSRS-XB20を購入するに至った。

多様な場面で安心して使える安いスピーカーが欲しいなら、AnkerのSoundcore 2。あらゆる場面で使える音質の良いスピーカーならSonyのSRS-XB20。最高の音質を求めるならBoseのSoundlink mini II。あなたのシンプルライフに必要なBluetoothスピーカーはどれですか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です