closet

シンプリストを目指す男が考える理想の服の数

前回の投稿では、持っている服の把握をした(シンプリストを目指して、自分(男)の服を把握するを参照)。107点という多すぎる数が判明したので、今回はいくつまで減らせそうかということを考える。

スポンサーリンク

服の好みやライフスタイル

前回の投稿でも書いたが、服の数のゴールを決めるために考慮しないといけないので、簡単におさらい。

  • 会社勤めをしている(仕事用の服も必要)
  • なるべく同じアイテムは持たないようにする(同じものばかりは着れない)
  • 明るい差し色に使えるアイテムも欲しい(モノトーンのみは無理)
  • 普遍的に着られるもの(流行には興味が薄いので)

理想の服の数

服に関してはミニマリストに習って、可能な限り数は減らしたい。しかし、それで好みの服装ができないのも嫌なので、好みを求めるのが第一優先で、数はその次。ミニマリストではなく、シンプリストなのでこれでオッケーのはず。

実際に考え始める前は、区切りがいいので50点までに絞れたらいいなと勝手に思い作業開始。

ちなみに、今回服を選ぶにあたっては、事前にMBさんの本を読んで参考にした。

服の内訳

ではさっそく50点を目指して考えた結果、私にとって理想の服の数は64点。今回厳選する時に、下の表はその64点の内訳。

カテゴリー 理想の数 実際の数
アウター 2 2 0
インナー 11 24 (13)
ボトムス 6 6 0
下着 8 8 0
靴下 8  14 (6)
4  7 (3)
その他 8 12 (4)
運動用 7 24 (17)
合計(私服) 54 97 (43)
仕事用 10  10 0
 総合計  64 107 (43)

厳選する時には、最初に欲しいボトムスを決めた。その後に、複数(可能であればすべて)のボトムスに合うアイテムを下から上、内から外の順番で選んだ。

いろいろ試行錯誤しながら最低私服のみでも50点以下を目指したが、今の私のファッションに関する知識や好みでは無理だった。それでも、現状より43点も減らせそうなので、少しずつでもシンプリストに近づいていきたい。

ちなみに、シンプリストを目指すために物を捨てるという選択はしたくないので、捨てる以外の方法で数を減らす努力をする。どうしても減らせない場合は、意識してその服を着るようにして、寿命を全うしてもらう予定。

*下のカテゴリーごとの詳細には、オレンジの文字のものは現在(2017年12月1日)持っていないもので、黒が手持ちのもの。今後手持ちの服の数を増やさないようにしながら購入していく予定。

トップス(アウター)x2

アウター

  • ユニクロの4wayジャケット(上写真:左上、右上、左下)
  • ユニクロのウルトラライトダウン(右下)

前回の投稿で書いたように、2つのアウターが普段用と旅行やアウトドア用と完全に役割分担できているので、現状で満足。

強いて言えば、ユニクロがウルトラライトダウンをインナーにした4wayジャケットを作ってくれたら、1つで済むのにと思うぐらい。

トップス(インナー)x11

インナー

インナー

  • 半袖Tシャツ(白)
  • 半袖Tシャツ(差し色)
  • 長袖Tシャツ(白黒ボーダー)
  • 長袖Tシャツ(黒)
  • セーター(黒):Banana Republic
  • セーター(差し色:青):Armani Exchange
  • パーカー(黒):AllSaints
  • デニムシャツ:Zara
  • ボタンダウンシャツ(差し色:赤):AllSaints
  • ポロシャツ(黒)
  • ポロシャツ(紺)

全シーズンに対応するために、いろいろと考えた結果が上の11着。これだけあれば、何とかなると思う。あとは仕事用の白のワイシャツを普段でも着るようにすれば、ドレス的な装いが必要な時にも対応することができる。

現状パーカーとセーターの黒が被ってしまっているので、買い換える時はどちらか一方を灰色にする予定。そうすれば、下に出てくる黒スキニー(今はまだ持っていない)を使ったコーディネートの幅も広がると思う。

あと来年の夏までに夏服の厳選も必要。

ボトムス  x6

ボトムス

  • デニム(インディゴ):リーバイス(Levi’s 511)
  • デニム(ライトブルー):Zara
  • 黒スキニー
  • チノパン(ベージュ)
  • スウェット(灰)
  • ハーフパンツ(インディゴ)

基本夏でもロングパンツが多いので、ハーツパンツは1着のみ。黒スキニーはMBさんオススメで使い勝手がいいそうなので、一度試してみる予定。あとスウェットは外にも部屋着にも使えそうなものを選ぶ。

下着  x8

週一の洗濯の頻度を考慮すると、最低8着必要。特にこだわりはない。

靴下  x8

下着同様、最低8足。しかし靴下に関しては、差し色を数足混ぜてみたりと、色には少しこだわる。

靴  x4

靴

  • 革靴(黒):Steve Madden (Chukka Koby)
  • 革靴(茶):Steve Madden (Chukka Koby)
  • スリッポン(差し色:黄色):R.S.F
  • サンダル(茶系革)

スティーブマデンのブーツは殿堂入りするぐらい気に入っているので、今後もレギュラー。スリッポンは差し色の気楽に履ける靴として旅行やカジュアルなシーンで使用。

サンダルを持っていないので、購入を検討中。旅行と普段の両方で使える耐久性のあるものが理想。

その他  x8

小物

  • 腕時計(黒):Skagen (Ancher)
  • 腕時計(茶):Skagen (Ancher)
  • 帽子(茶):バートン *スノーボード時にも使用
  • ベルト(黒)
  • ベルト(茶)
  • マフラー (黒):JACK SPADE
  • マフラー(紺):Club Monaco
  • サングラス:Revo

小物類はもうすで理想に近い形。あとはベルトの色を整えるだけ。

 

運動用  x7

  • タンクトップTシャツ x2:Under Armour
  • ハーフパンツ x2:Nike
  • 靴下 x2
  • バスケットボールシューズ:Nike

健康のためにも運動は必要な上、普通の服と兼用にもできない。そのため、できるだけ最低限の数にしたい。理想は2セットだが、今後の洗濯とジムに通う回数次第で、追加が必要になるかもしれない。これから積極的に運動して、寿命まで頑張ってもらう予定。

仕事用  x10

  • スーツ(黒:上下セット) x2
  • ワイシャツ(白)x4
  • コットンパンツ(灰)
  • コットンパンツ(深緑)
  • ネクタイ(寒色)
  • ネクタイ(暖色)

スーツとビジネスカジュアル用のコットンパンツの計4セットで数は理想形。ワイシャツは普段着とも兼用。しかし、理想のアイテムは何一つとして見つけられていない。最低ワイシャツとコットンパンツだけでも、書い続けられるようなアイテムを見つけたい。

まとめ

初めは50点以下にもできると気楽に考えていたが、なかなか減らせないものだと感じた。まだ気づいていないだけで減らせるものがあるかもしれない。可能であれば、私服だけでも50点以下にできれば理想なので、今後もミニマリストに習って精進。

現状では理想からは程遠いが、少しずつ理想に近づけたい。

今まで点でしか服のことを考えてこなかったけど、今回大きな視点から考えることによって、自分に何が必要で必要でないかが分かって良かった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です