バックパック

シンプリスト的バックパックの選び方

シンプリストな男に必要なカバンの数と種類で必要なカバンの種類や数を考え、その結果、私に必要な用途には4つのカバンが必要ということが分かった。その中でもバックパックは最も幅広い場面で使う重要なもの。必要な用途にベストやバックパックを選ぶために、必要な機能を整理した。

スポンサーリンク

バッグパックの用途

以下が考えうるバックパックを使う場面。

  • 旅行(LCC利用を含む)
  • 仕事(出勤用)
  • ジム
  • 買い出し
  • その他(パソコン等の大きなものを持ち出す等)

旅行

LCC利用も想定しているので、機内持ち込みできる物が理想。その上で、耐久性と軽さもあれば、なお良し。カバン自体が軽ければ、重さ制限のあるLCCでも荷物に余裕を持つことができる。また、耐久性があれば、トレッキングなどのアウトドアでも使える。

仕事

パソコンが入る大きさ。またスーツとも使えるデザインであれば、なお良し。

ジム

ジム用の服や靴などが入る大きさ。

買い出し

ある程度の容量があれば大丈夫。また、重い物を買うこともあるので、耐久性に加え背負いやすさも必要。

その他

あまり重い物やたくさんの物を持ち出すことはないので、ある程度の容量があれば良し。強いて言えば、充電器などの細々とした物を入れるポケットや出し入れのしやすさがあると便利。

必要な機能

用途別に必要な機能を表にまとめた。

旅行 仕事 ジム 買い出し その他
大きさ LCC機内持込み可能 パソコンが入る 服や靴が入る 小さすぎない 小さすぎない
重さ 軽い
耐久性 高い 高い
 背負い易さ 腰ベルト付き 腰ベルト付き
 デザイン 派手でない 街中でも使える
 ポケット あり あり あり

* x:特に必要なし

上記の表とすべて満たすための機能のリストが以下。

  • LCC機内持ち込み可能な大きさ
  • なるべく軽い
  • 耐久性が高い
  • 腰ベルト付き
  • 派手でなくアウトドアでも街中でも使える
  • 小物用のポケット付き

軽さと耐久性など相反する性能が同時に必要なので良いバックパックを見つけるのに苦労しそう。

あと可能であれば、防水性能と南京錠を使ってロックできれば、なお良し。しかし、カバーやケーブル式のロックを使うなど工夫次第で何とかなるので、絶対必要というわけではない。

LCC機内持ち込み可能な大きさ

手荷物数 3辺合計 高さ 奥行 重さ
Air Asia 2 規定なし 56cm 36cm 23cm 7kg
Jetstar 2 規定なし 56cm 36cm 23cm 7kg
peach 2 115cm 規定なし 規定なし 規定なし 10kg
Vanilla 2 115cm 55cm 40cm 25cm 7kg
scoot 2 115cm 54cm 38cm 23cm 10kg

*1: 手荷物1つに身の回りの物1つという表記
*2: すべての手荷物の合計
*3: 2018年10月28日搭乗分より7kgに変更

上記を加味すると、大きさは(高さ)54cm(幅)36cm(奧行)23cmに限りなく近いのがベスト。

なるべく軽い

追加料金なしで乗れる重さの上限が7㎏というLCCが多い。ミラーレスカメラとレンズを旅行中に持ち歩くため、カバン自体の重さは最小限にしたい。個人的には750gを切ってくれると、荷造りに余裕ができる。

耐久性

買い出しの際に重い物を買うこともあるので、耐荷重が15kgほどは必要

腰ベルト

必須ではないが、重い物を持つときやアウトドアでも使いやすい。

派手でないデザイン

黒だと、どんな場面でも服装でも使いやすい。使い回しやすさを優先して、アクセントなどの無いシンプルなデザイン。

小物用ポケット

ポケットがいくつかあれば、特にこだわりはない。

まとめ

今回、用途から自分に必要なバックパックの姿が見えてきた。カバンの数を絞る必要がなければ、用途別に購入しても問題はない。ただシンプリストを目指すにあたって、効率良く物を所有するためにカバンも厳選する必要があると思った。

シンプリストやミニマリストを目指している人は、自分の用途に合ったカバンを探してみてはいかがだろうか。希望に合うカバンと巡り合えるかは、別の話だが。。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です